スーパーカミオカンデ

ニュートリノは弱い力で物質と相互作用する 粒子です。その質量はほとんど零です。 ニュートリノには電子ニュートリノ・ミューニュートリノ・タウニュートリノ・ の3種類があり、これらは互いに混合されており、周期的に種類が 変わることが分かっています。これはニュートリノ振動と呼ばれています。

ニュートリノ観測装置であるスーパーカミオカンデが 岐阜県神岡鉱山の地下に設置されています。 スーパーカミオカンデは巨大な水チェレンコフ検出器で ニュートリノを高感度で検出することが出来ます。 私達はスーパーカミオカンデを用いて、 人工ニュートリノによるニュートリノ振動の研究(K2K実験) や超新星残骸ニュートリノの探索 を行なっています。 K2K実験では高エネルギー加速器研究機構の陽子加速器で作られた ミューニュートリノを250 km 離れたスーパーカミオカンデ で観測します。 このK2K実験においてニュートリノ振動が確立されました。

Image of Super Kamiokande
図1:スーパーカミオカンデ